スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞表 その後

金曜日に辞表を出したときに
「待ってくれ。向こうにもまだはっきり返事しないでくれ」と社長にいわれて困っていました。

そして今日、
「君は本当は営業の仕事がしたかったの?」と聞いてきた。

…なんもわかってない。そんなことを言っているのではない。

最低賃金以下の給料を何とかしてくれと言っているのに、

「このままでは生活できない」と言うと

向こうからお金もらってんでしょ?」

などと、余計なお世話的な返事が返ってくる。

こいつはもうダメだな、と思ったから

夫がいてもこの給料じゃやめてたと思う」とはっきり言ってやりました。

そしたら、泣きそうな声で「明日ハローワークに求人を出す」そうです。

辞めるときには、この会社の悪いとこはっきり言っておこうと思ったりしましたが、

円満に退社したいのでやめました。

少なくてもお給料と健康保険に加入していましたし…

この年で転職は正直キツいですが、誰も頼らずに生きていくためには必要な選択だったと思ってます。

それから、4月に入社したばかりのもう一人も近々辞めるそうです…

私が辞表を出したあと、ますますつらく彼に当たってましたし、限界だったそうですょ。

ったく、自分が一番悪かったと気付かないなんて。

とにかく、辞表を受理してもらったので次のステップに進めます。

ヘソンのファンクラブ、更新できなかったのでそのうちまた戻れるように頑張る

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。