FC2ブログ

自律神経失調症らしい息子と、続・娘のこと

息子が大学の健診でカウンセリングを受けた事は少なからずショックな出来事ではあります。

そして、最近めまいがよく起こるという。

バイトを辞めてから色んな不快症状が改善されてきたとはいうものの

きのうも「散歩して、自分の足跡を見たらまっすぐ歩いていなかった」などど言うので

気になって仕方がありません。

特にどこが痛むとかではないので精神的なものなのだろうとは思いましたが

いきなり精神科受診は抵抗があり、かかりつけの内科を受診させることにしました。

向こうの病院は良く知らないので、かかるのには抵抗があったらしい。大人でも抵抗あるんだから

息子はなおさら行きづらいでしょうね。

私が思った通り、自律神経に効く薬が処方されたそうです。

薬をのんでみて、良かったら向こうの内科へ行っても同じ薬を処方してもらったらいいと言われたそうです。

メニエール病も疑ってはみましたが、それだともっとめまいがひどいらしく、息子の置かれている状況から

自律神経失調症なのだろうと思いました。

薬のせいで睡魔に襲われ熟睡している息子の寝顔は

私にはまだまだ子どもに見えました。

頑張らせすぎちゃったよね。

侮ってはいけないけど、原因がわかってよかったです。



息子の内科受診が済んで

娘と3人で昼を過ごす予定にしていました。

学校へ迎えに行くと、車に乗り込む早々また泣きだした…

クラスメートのHちゃんが今日も登校していないとのこと。

そして担任のK先生が娘を呼び出して

「Hさんと電話で話したら『辛い』と言っていた」と

娘に言ったそうです。

娘は、その、辛い原因が自分にあるような言い方をするK先生がとてもいやだったと

泣いているのです。

何度訊かれても「自分はHとは距離を置きたい」と言っているのに

なんで呼び出されるのかわからない。まるで犯人扱い」と言って泣き、

せっかくのランチが楽しくない…

娘が志望する短大のオープンキャンパスが1週間後にあり、

「当日参加の人がいたら教えてほしい」とK先生に訊きに行ったら

「友達と一緒ではなく、自分ひとりで参加するもの」と言われ

冷たかったとも言っていました。

私は

子どもが高校生になってまで学校に連絡して事情を訊くのはどうか

とも思いましたが、

学校のことで家で泣いたりするのは今までなかったので

思い切ってK先生に電話をしました。

「HさんのことでMさん(娘)にだけ連絡させていた訳ではありません。誤解です」と。

「確かに一番親しいと思ったから何度も訊いてしまいましたが。前にMさんが電話してくれた次の日Hさんが学校へ来た事があったので」

 ↑それが負担だったと言っているのです!

「進学講習とか始まって不安定な時期だから泣いてしまったのでは?」

 ↑違います!高校入試のときはもっとハードでしたが泣くことはありませんでした。

「あそこの短大へ行きたいと言ったのはMさんです。オープンキャンパスも友達と行くようなものではありません。ひとりで行くものだと教えました」←ちょっととらえ方が違う…参考までに誰が申し込んだか聞きたかっただけ。

…私が話を聞いていてもかみ合わないので

娘はもっとイライラしたんだろうな。

K先生は59歳。結婚したことがないようです。

いまどき携帯も持たず、急ぎの連絡は難儀します。いつも。

高校へ入学した年の夏休みには家庭訪問もありました。

先生に当たり外れがあるとすれば、息子は当たりで娘は外れか…

「こんなことで娘が目標を失うことがないように、できればHさんの件はこれ以上関わらせないでほしい」

とお願いしました。

もう高校生。されど高校生。

未熟だとわかっているなら、なんでこんなに追い詰めたんだろうと思います。


子どものことで悩むのは

親冥利に尽きますが、手放しで喜べません…



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

No title

拍手コメさん。

教えてくれてありがとう!
メニエール病は友達もかかったことがあって以前症状を聞いたことがあったような気がします。まだまだ成長過程にあるのでいろんなことが起こりますね。

2012/03/16 (Fri) 02:11 | りょうみきママ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する