FC2ブログ

クレーマーにはなりたくないけど・その2

午後3時。

○ーカドーは混む時間帯なので、いつもは行かないんだけど

何となく、娘とブラブラ。


今月は毎週末

土日のどちらかに仕事が入っていて

部屋が片付かない状態が続いていたので

頑張って早起きして

浴室の床磨きと

娘の布団カバーの洗濯もして

合間にお掃除…

ずーっと気になっていたことを一気に片付けたら

意外に時間が余っちゃって…


珍しく息子が電話にすぐ出てくれて

「冷凍食品とか送ろうか?」って聞いたら

『まかせる』という返事でしたし…

(ということは「お願いします」ってことなので)

娘と一緒に選んでいました。


事件は発送の時に起こりました。

サービスカウンターにて。

カウンターではヤ○トではなく○ーカドーの制服を着た女性が対応。

「申し訳ございませんが、アイスクリームはお断りいたしております」
とのこと。

息子が1人暮らしを始めてからの1年半の間、

月に2度の割合で食糧etcを送ってきて、

その間にアイスクリームを送ったのは、過去に4~5回ありました。

一応、棒付きではなく

かき氷も止めて

カップに入ったアイスクリームです。真冬に送るはずはないので

やはり、去年も今ぐらいの時期でした。

発送の段階で何も指摘はありませんでしたし、

息子も「別に何ともなかったよ」と言っていたので…


なので、つい

「えっ!?ダメなんですか?今までも何度かお願いしてますけど、断られたことないんですけど」

と言ってしまいました。

「真夏だからっていう理由なら仕方ないので諦めますけど」

と言ったところ、

「少々お待ち下さい」といってどこかに消えて1~2分後

「只今、上司が参りますから…」と。

「え~別にそんな大げさにしなくてもいいですから」

って言ったのに

「でも、上司から説明させていただきますから」と言って譲らない。

数分後やってきた上司という女性が

「申し訳ございません。荷物を出し入れする際の温度差もありますので、アイスクリームはお引き受けできないことになっておりまして…」
と謝罪。

「去年も送らせてもらいましたけど、別に何ともなかったって言ってましたけど」

と言ってみたけど

「他のお荷物もありますし、ご迷惑がかかっても責任を負いかねますので」
(クール(冷凍)だし、ヤ○トだって解けるほどの長い時間放置することはないと思ってるけどね。
アイスがダメなら冷凍食品だってどうなんだろ?)

結局は責任か…と思いました。


その間にアイスクリームはどんどん解けてるんじゃないのぉ~とも思ったけど

「いつからですか?」と聞いてみた。

「最初からです」とのこと。

「引受できないということは、どこかに書いていますか?」と質問したら

その、上司さんが「はい」と言い、

キャビネットからマニュアルを取りだしてきたので

「そういうことじゃなくて、客にわかるようにどこかに説明はありますか」

と再度質問したら

「いいえ」という答えが返ってきた。


別に文句を言いたかったのではない。んだけど

受付した方によって対応が違うことに腹が立っているのです。

客は社員もパートもバイトも区別つかないんだから

指導が行き届いていなかったということです。しかも、1年半もです。

ダメなら別にいいって言ってるのに

こんなに時間取らされて…持ち帰ったアイスも解けちゃったよ。


地元のスーパーより、ちゃんとしてると思ってるから

いつもお願いしてきたのに、

前回のことも今回のことも

がっかり…次回からはちょっと高くても

直営のカウンターに持ちこもうかな~とまで考えてしまいました。


私が

あのヤ○トのカウンターを利用するようになってからは

まだ1年半ほど。

もしかしたら、その前から小さなトラブル続出のカウンターだったのかな??

そう思えてなりません。

今日は娘と一緒だったので、帰り道で

「あのカウンターおかしい。何回もアイス送ってたじゃん!

言ってくれたので

ちょっと救われました。

まるで私がクレームをしょっちゅう付けてるみたいで

後味悪い!

それがなければ○ーカドー、好きなのに(-.-)

それにしても、あの上司という女性の対応は素晴らしい!

5分もかかってないやり取りの中で

「申し訳ございません」が6回(娘が数えていました)!

きっと、過度な謝罪でみんなが文句をつける気にならなくなっちゃうんでしょうね。



ランキング参加しています!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/23 (Mon) 10:14 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する