FC2ブログ

身の丈に合った生き方って

お財布が空っぽになった。

母の扶養義務はなかったはずなのに

年金出るまでお金が足りないからと

私から吸い上げていったから…


昔から見栄っ張りで金遣いが荒かったけど

子どもたちのことでいっぱいいっぱいな私を

わかっていてこんなことをする母が嫌です。

それでも、引越し費用を考えるとなかなか出ていくこともできない…情けなくなります。


貧乏の子はいつまでたっても貧乏なままでいなきゃいけない筈はありません。

だから金策で

しょっちゅう追い詰められても

子どもたちの教育に関しては妥協できず、

ここまで頑張ってきました。


何度も

無謀だったかな?身の程知らず?

自問自答を繰り返してきたけど


さっきも

志望動機を書き直して私に読んで聞かせてくれた娘の真剣さを目の当たりにして

間違ってない

と思いました。


ふっと

身の丈に合った教育ってなんだろう…と思いました。



目的や将来に対する考え方と

今学んでいることがマッチングできていれば

身の丈に合っているってことなんじゃないかって。


貧乏なくせに高い学費払って大学行かせることが

身の丈に合ってないってことじゃないって思いたいです。


共働きの家庭でも高校を卒業したら就職させたりしている中で

シングルマザーの家庭なのに2人も進学させようとしてるんですからね。

世間ではそれを

身の丈に合ってないって言うんでしょうね。

時々襲われる不安に

ちょっと折れそうになる…



ランキング参加しています!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する