FC2ブログ

貧乏でも、この世に生きてるだけでいいと思った瞬間です

ここ数日、娘のスマホから飛ぶWi―Fiのせいなのか


CS放送も同時に視聴しているせいなのか(auひかりに変更したせいだとは思いたくないけど)

パソコンの動作がチョー遅くて

何度かブログアップしようと試みても何度も画面が勝手に閉じてしまったりで

短気ゆえ、勝手にパソコンにキレて気付けば一週間^^;


スランプなのか、合わない上司からの言動にモヤモヤしてしまうせいなのか、

仕事も頑張れてなくて。頑張らないと収入も少ないから

なりふり構わず働かなきゃいけないんですけど

気持ちにブレーキがかかって一歩先へ進めなくて。

正直なところ、ブログをアップする気分ではなかったです…

3連休はシナコンもありましたが(T_T)やっぱり今年も行けずじまい(T_T)(T_T)(T_T)


さて、タイトルの件です。

入社して3年。

保険はいざという時のために必要で、保障額は子どもの年齢で大体きまる。という勉強をしてきましたが

初めて死亡保険金支払いという重い仕事をすることになりました。


病気で入院の連絡を受けていたならある程度の予測もできたりしますが

今回は事故でした。そして下の子はまだ2さい。

朝、いつもどおりに出勤した旦那さんがいつもの時間に帰宅しなくて

事故の連絡があって…


お悔みの電話を奥さんに入れました…

何と言葉をかけたら良いのか。迷いながら電話をして

奥さんは気丈に話してくれたのに

私が泣いてしまった…プロなのに。こんなんじゃぁいけませんね。


下の子は、生まれて3か月ぐらいのころにお見かけしたぐらいだけど、

気の毒で仕方ありませんでした。


確かに保険金で経済的な補てんはできても

頼り切っていた旦那さんは、もういないのです…


毎日、通帳を眺めて

2人分の学費&生活費にアタマ痛くても

こんな親でも

しぶとくこの世に生きていられるだけまだマシなのかもな。と…

悩みは多くても

生きているから悩むこともできるのかもと。

…数日たてばきれいごとだと思えることでも。





スポンサーサイト



コメント

「こんな親」でないです。
立派な親さんです。

ほんとによく頑張ってみえます。

プロでも泣いても良いでしょう。

特に、そんな死はショックですよ。

保険の仕事は、収入面がクローズアップされますが、今回のような時に備える為の物で、それこそが保険の商品ですものね。

必要で重要な仕事ですよね。


給与形態がおかしい。

もうちょっと、基本給を上げて、いくら沢山保険を募集したからと言って、そこまで差をつけなくても良いでしょう という感じもしますよね。

2013/07/18 (Thu) 00:21 | ルレープ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ルレープさん。

うちの会社は2年経過すると

歩合給の割合が7~8割になります。

去年まではそんなに苦労しなかったのにいまはとても苦しいです。

加えて、酒の席で大御所が私に言った、信じられない現実。

私がいたチームのリーダーが嫌いだから(私もこのリーダーの指導力のなさについては何度か記事にしましたが)、退社する大御所が持っていた企業は絶対にうちのチームには引き継がないと言われたのです。

おそろしい世界に足を踏み入れてしまった気がしました。

男性管理職も口をはさむことができないんですよね。

社内で表彰とか、本社招待とか、そんなすごい人は大体、同僚からは嫌われている人です。強引だから。

私はただ正直に仕事してるだけなんですが、こんなタイプは出世できない世界のようですよ。

出世欲はないけど。

2013/07/21 (Sun) 20:34 | りょうみきママ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する