FC2ブログ

自分の限界を知ることは大事だと思う

1日経って熱が下がったようです。悪寒もしないし娘のお弁当もちゃんと作りました。

でも、咳がひどいので今日もテレアポやポスティングに留めた仕事内容。

焦りはあるけどガマン、ガマン。


この前の連休中、息子の通院日もありました。

どうだったか尋ねる電話をした時、

「見た目にわかるくらい手首の関節が腫れてる」と言う。

でもやっぱり血液検査の結果は特に異常なし。

・・・後期(学校)が始まったのと関係あるかな?

私はピンときたのだけど。息子も

「そうなのかな~」と薄々わかっているみたいで。

社交的な娘とは対照的な性格で繊細、同じ日本だけど言葉の壁もあるかな~

青森は決して田舎だとは思ってないけど

見下す札幌民と、強いコンプレックスがある息子…

おそらく、そんなこんなでキャンパスにいる間はずっと緊張しているのだと思う。

それが手首の腫れと言う目立った症状で出たのでは?と思うの。

帰省していた2週間は

時々肩の関節が痛むと言っていたものの日中は1人で色んなところへ出かけていたし

穏やかに過ごしていたのに。

子どもたちの父親もかなり人付き合いは不器用だったが

似ないでほしいと思うところに限って似てしまう(>_<)育て方一つで克服できると思っていたのに遺伝に勝てないとは悲しい。


私は、息子に

「自分の限界を超えてまで我慢しろとは言わないから、そういう時はぐだぐだをこっちに電話で話して!」と言いました。

娘は学校での不満は「ね~聞いて!」てな感じですぐに吐き出す。私に言っても解決しないのだけど言うとさっぱりするらしくて。

だから息子にも

「学校でどういう状況かわからないけど、青森にくれば私もM(娘)もばあちゃんも○○(私の姉)も▲▲(息子の元同級生)のお母さんも・・・・みんな100%味方なんだから。それだけはいつでも覚えといてね」と言いつつ

何でも話して!と電話で告げて…

性別の違いや兄弟の上か下かとか

むずかしいところはあるけれど、この電話が息子の救いになるなら1日おきにでも電話してみようかと…


さっきも電話したら(食糧送ったので受け取ったかどうかの確認で)これからバイトだって言ってた。

学校より、バイトしてる方が自分らしくいられるようだった。


男の子は30歳まで育てなきゃダメよ!

って会社の大御所さんから言われたことある。息子と電話で話すたびに感じることです。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する