FC2ブログ

その後、少しだけ明るい兆し

立春過ぎても寒いですね(>_<)

青森は日中ものすごい雪で地吹雪体験ツアーさながらです。自分の車がセンター寄りだったのを対向車が接近するまで気付かなかったり、信号に雪が積もって色がわからなかったり
車を仕事に使うので怖かったです。


退学届にサインをした日に担任の先生から届いたFAX。

このことがあってから事態は急展開しました。

先生が学科の学生を集めて

軽はずみな行動が他人をどれだけ傷つけるかということを話して下さり

息子に、何とか思い留まってほしいので直接連絡を取りたいと申し出てくれた学生がいたことも報告をいただきました。

救われる思いでした。

数日の間に息子にも変化があり、

自分から先生へ「面談したい」というメールを送り

「退学か休学かを迷っている」と伝えることができました。

結局

退学ではなく休学という結論に至り

休学届も4月まで出さない方が良いという先生のアドバイスに従うことに。

体調次第では4月に戻れるのでは?とも言われましたが

親の目にはそれは無理だと思っています。

休学の先に退学があるかも知れない・・・けど

本人が「いつかまた勉強したいと思ってる」のに退学したら受け皿がなくなってしまうので

賢明な選択だったと思っています。

他の大学への編入の可能性とか、色々模索してアドバイスを下さったY先生には

本当に、本当に感謝しています。

勝手に「見放された」と思っていた息子と何度も会い、その結果を私にメールで報告して下さいました。

こんな良い教員がいる大学なんだから

辞めてしまうのはもったいない。


来週の天気が気になります・・・




スポンサーサイト



コメント

はじめまして

りょうみきママさん

はじめまして ふるーつばすけっとのみかんです。

ご訪問ありがとうございました

りょうみきママさんのブログかなり前から拝見しておりました。


保険の営業のお仕事をすごく頑張っていらっしゃる事、しかも営業姿勢がお客様立場に立てれている事
素晴らしいといつも思っていました。

息子さんすごく頑張っていますね。

りょうみきママさんのように優しいお子さんなのですね。

今はゆっくりと心と体を休ませてあげて下さい。

親身になって下さるY先生
息子さんにもりょうみきママさんにとっても心強い存在ですね。

春が来るときには、きっといい方向に向かうことと信じ、願っています。


みかん





2014/02/06 (Thu) 09:35 | みかん #- | URL | 編集
やはり

ちゃんと見ていてくださる人はいるんですね。
本当に良かったなって思います。
できれば
選択肢がある方がいいですものね。
これで、体調が戻ってくればいいですね。

2014/02/06 (Thu) 15:08 | いつママ #MDo56pwE | URL | 編集
Re: やはり

いつママさん。

お返事が遅くなってごめんなさい。
いよいよあさって、北海道入りします。準備で疲れてます^^;
長い人生の中での2年は、振り返ればあっという間かも知れませんが今はとても長く感じられて息子が焦る気持ちも理解できます。
療養して身心が安定してくれば彼なりの考えを持つことができるだろうと思っています。
慌ただしい滞在になりそうですが、大学の手続きの際には先生にもお会いしてくるつもりです。

2014/02/12 (Wed) 23:26 | りょうみきママ #- | URL | 編集
Re: はじめまして

みかんさん^^

はじめまして。コメントありがとうございました。

私に似て子どもたちも生き方が不器用で毎日はがゆいです。

私は、優しいどころか子どもたちが小さい頃は結構厳しく育てたため、外面だけがよい子どもに育ってしまいました。おりこうさんでい続けるために頑張りすぎた結果なのだと思っています。反省しなければいけませんね。


保険の仕事も生活のためと割り切っていますが少々精神的にきつくなってきて自信をなくす日々です…

子どもたちがお給料をもらうようになるまでと思っていたけど、ここまで客が増えてしまうと引き際もむずかしくて。

こっちに帰ることが決まってから息子の声が明るくなってきたのでホッとしているところです。
娘が試験中にバタバタしてしまってホントに申し訳なくて。息子と、なるべく娘の邪魔をしないように気を付けようと話し合ってたところです。

子どもは、特に男の子は何歳になっても手がかかりますね。

最近は色々あってなかなかパソコンに向かえないのですが、細々と続けていこうと思っています。よろしくお願いします。

2014/02/12 (Wed) 23:44 | りょうみきママ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する