スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方の公共交通って一体・・・

決算のため、これから購入しようとしている子どもたちのための車に

前倒しで任意保険の加入手続きをするので保険料の計算をしました。

あと3か月あまりで娘が21歳になるけど、今はまだ20歳。

なので『全年齢』となってしまい

私の20等級を譲っても保険料は1万超え

新しい車だし、何が起こるかわからないので車両保険はオールリスク。保険料を抑えるために免責5万とかにしても

1万円以下っていうのがむずかしい。

一方、私の車は7等級にダウンしたものの

本人限定、35歳以上補償、車両保険も限定補償にすることで

業務使用でも6500円にすることができたのでちょっと安心

今日、車が入ってきたという連絡をもらったので

3人で見てきたけど

キレイだったので子どもたちはニンマリ

車のローンと自動車保険で

月に25000円の出費が決定(2人で出し合うそうです)

ため息が出ます

東京では若い人たちの車離れが顕著だって聞きます。

あんだけ電車がたくさん走ってたらどこへ行くにも困らなそうだもんね。

駐車場がこっちのアパートの家賃と同じぐらいなとこもあるみたいだしね。

娘が働く幼稚園の近くには

バス停があるけど

駅行きのバスが1日に2本停まるだけ・・・・

乗る人、いるのかな?バス路線にする意味あるのかな?

田舎だけど開発はどんどん進んで

新興住宅地はたくさんできてきたけど

車がないと生活できないような場所ばっかりです。

地元の大学も協力して

公共交通についての調査なんかもしてるみたいだけど

一向に改善されないのは

やっぱり行政が悪いの??申請が面倒なのかな?

バスの本数がもっと多ければ

車ももっと先延ばしできたのになって思うと

また田舎暮らしの不公平感が増しちゃうのです




今日のmiko~鏡を覗くmiko
IMG_5302.jpg

しっぽも気になる~




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。